プリウス

プリウス販売におけるトヨタの問題をまとめてみた

スポンサーリンク

トヨタ自動車の大規模リコールがあった

アメリカでトヨタの自動車を運転している時に急加速の事故はトヨタに原因があるとされアメリカで大々的に報道されたことを受けてトヨタは大規模なリコールをしました。

2009年から2010年にかけて日本や北米などで行われ、タンドラのアクセルペダルの戻りが悪いという苦情がアメリカでありました。

トヨタは安全性に問題がないとしていましたが、その後リコールを実施しアクセル部品の材質を変更したものの大きな事故が発生しました。

ヨーロッパでもアクセルペダルについてのクレームがあったほか、日本では運転者の証言によるとブレーキが効かないプリウスによる玉突き事故が発生しこれにより国土交通省がトヨタに対し原因の調査を行うよう指示することになりました。

プリウスが搭載された事故データ記録によりブレーキの異常はないことがわかりました。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

プリウス・リコール問題の危機対応に失敗した

トヨタ トヨタはプリウスなどのブレーキの不具合により国内外でリコールの実施を発表しました。

顧客などには正しい認識がされずにプリウスはブレーキ性能に問題があると誤解され、記者会見などの対応などから顧客を軽視していると受け止められリコール対応を発表したのにも関わらず批判の声が強まることになりました。

アメリカでもトヨタに対する批判が強くあり、トヨタの車で事故が起きた際にフロアマットが引っかかりペダルが戻らなくなったことが判明しました。

このことが大々的に報道されたことによって批判が強くなりその後トヨタは複数にわたり大規模リコールをしました。

ブレーキをしっかり踏み戻すことで安全に停止するということを丁寧にユーザーに説明し安心や理解をしてもらうことができなかったためこの問題の危機対応はスムーズにいきませんでした。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

トヨタが1200億円の和解金を払った理由とは?

トヨタの自動車の電子制御に欠陥がなかったことが明らかになりました。

この問題に関しての民事訴訟でトヨタはアメリカ司法省との和解に応じ和解金を支払い刑事訴追を免れました。

自動車には問題はありませんでしたがフロアマットが北米のトヨタディーラーによって取り付けられており、それが暴走事故の原因になりトヨタは細かく事実関係を争わず北米側の会社やディーラーを立てるために和解金を支払ったとされています。

また事故の中には運転者のミスも多く存在しました。

徹底的に争うと法廷なものになるためトヨタはそれを避けたり社会的な混乱を防ぐために相手を立てるようにして問題を穏便におさめるために1,200億円もの多額の和解金を支払いました。

アメリカ プリウス 急加速問題

狙い撃ちの真相 アメリカでプリウスが急加速して事故が発生した問題が大々的に報道されトヨタに対して批判の声が高まりました。

この問題のほとんどは運転者がアクセルとブレーキの踏み間違いをしていたことが明らかになっております。

調査が行われた結果この運転手は自己破産をしていて賠償金目当てだったと書かれた生地があります。

そのほかアメリカで次々にブレーキペダルが原因となる事故の問題が発生し、アメリカのテレビではプリウスの急発進する実験を番組内で行い暴走する様子を再現しました。

トヨタの悪い面を探して裁判を起こし金銭を得る目的で行われたねつ造だということが後にわかりました。またねつ造が発覚してからはアメリカのテレビはトヨタに謝罪を未だにしていないようです。

2009~2010年にプリウス急加速問題が次々と浮上

2009年から2010年にかけて北米や日本でプリウスによる急加速問題があり、トヨタは大規模なリコールを行いました。

実際には問題の原因とされたブレーキペダルには欠陥がなく、ドライバーのミスやフロアマットが原因とされておりました。

問題が発生し説明を行ったものの正しい答えが伝わりにくくその結果顧客などから誤解をされてしまったり、ユーザーを軽く見ていると判断されるような記者会見の対応からトヨタは多方面からバッシングを受けたり、その様子は当時マスコミが大きく取り上げ大々的に報道されました。

結果的にトヨタは北米側と徹底的に争うことを避けるためにそして刑事訴追を免れるために多額の和解金を支払い問題は収束しました。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

ほとんどは「アクセルとブレーキの踏み間違い」

プリウスはトヨタが販売している車種の中でも、特に人気が高いものの一つなのですが、事故が多いという悪いイメージが根強いものでもあります。

プリウスがコンビニに突っ込んだ事故の画像がネット上によく出回ることが、そのようなイメージが強くなってしまう原因の一つとなっています。

プリウスにそのような事故が多いのはなぜかと言うと、アクセルとブレーキの踏み間違いがほとんどだと言われています。

アクセルとブレーキを踏み間違うというのは、特に高齢のドライバーによく見られる失敗です。

プリウスは高齢者の間で特に人気の高い車種なので、そのような問題が起こりやすいのではないかと思われます。

つまり、この件に関してはプリウス自体に問題があると言うよりは、ドライバーに問題がある場合が少なくないと言えるのです。

結局なんだったのか「プリウス ブレーキ抜け」問題

プリウスに関する問題として一時大きな話題となったのが、いわゆるブレーキ抜けに関してのものです。

その問題が話題となったのは2010年のことなので、もう忘れているという人も大勢いるでしょう。

簡単に言うと、低速で走行している時にブレーキを踏んでも、それが効かずに空走してしまうといったことがよく見られたのです。

その原因とされているのは、プリウスには回生ブレーキと油圧ブレーキの両方が使用されているのですが、それらの切り替わりが上手く行かないという問題です。

本来なら回生ブレーキが終了した直後に油圧ブレーキがかかるはずなのですが、切り替わりが上手く行かないために、回生ブレーキが終了したら完全にブレーキが利かなくなる状態になってしまうのです。

ただ、ブレーキを強く踏むと油圧ブレーキがかかるので、そこまで大きな問題とは言えないかも知れません。

実は頻繁に行われている「発売後の不具合"カイゼン"」

2010年に話題となったプリウスのブレーキ抜けの問題は、もちろん現在では改善されているので、その点に関しては安心して良いと言えます。

しかし、そのような問題がなぜ発売前に分からなかったのかと、疑問を感じてしまう人もいるでしょう。

確かに、発売前には色々なテストが行われているので、不具合を見つけて事前に対処しておくのが当然だとも思えます。

ただ、実は自動車の世界ではプリウスに限らず、発売後に見つかった不具合の改善は頻繁に行われているのです。

自動車は大勢の人が様々な状況で使用するので、テストの時には気づかなかった不具合が、発売してから見つかることは珍しくないからです。

つまり、ブレーキ抜けのように大きな話題にならなくても、そういったことはプリウスだけに生じることではないのです。

トヨタは些細な問題でも積極的にリコールする

プリウスに問題がある車種だというイメージを持たれがちな理由の一つは、問題が発覚してリコールされたという報道を耳にすることが多いことです。

しかし、そのことは必ずしも、プリウスが問題の多い車種だということにはつながりません。

実は、トヨタは発覚した問題が些細なものであっても、積極的にリコールするという姿勢を持った企業だからです。

他の企業であればリコールまでは行わないような問題でも、トヨタならリコールを行うことがあるのです。

例え些細な問題であっても、場合によっては人々の生命に関わりかねないのだから、小手先で済ますのではなくきちんとした対処しようということなのでしょう。

つまり、プリウスのリコールの多さは、トヨタという企業の信頼性の高さを示しいるとも考えられるのです。

トヨタに特に問題はない?

プリウスに対して問題が多い車種であるというイメージがあるのは確かですが、ここまでに色々と見てきたように、必ずしもそれらが真実ではないと言えます。

例えば、事故が多いと言われているのは、ドライバーにアクセルとブレーキを踏み間違い安い高齢者が多いことが大きな原因だと思われます。

そもそもプリウスは人気が高いため、世の中で走っている数も当然多いのです。

したがって、事故を起こす割合が他の車種と同じくらいだとしても、発生する数が多くなってしまうのは仕方がないことです。

また、リコールの多さはプリウスが危険だというよりも、些細な問題にもトヨタが誠実に対応しているからだと考えられます。

そういったことから、トヨタには全く問題がないとまでは言えなくても、特に大きな問題があるわけではないとは言えます。

ラインで完結!岩佐のオークション相場相談


岩佐昌則の名刺

滋賀県在住で「滋賀・奈良・三重」で出張の車買取を専門にしている岩佐です。
楽天カーオークション担当でもあるので、あなたのお車状態の写真(LINEで送ってください)から、最新の相場を無料で教えます。

オークション相場は「季節・月の前半や後半」でも変動がおきるんです。
直近のオークション相場+過去の相場観など経験を踏まえた上で事実のみお伝えし、ご相談にのります。
※相談してもオークションに出品するわけではありません。
売却方法はすべての選択肢を知った上で、ご自身で考えてください。

\ ラインで完結!簡単査定 /

今すぐLINEで岩佐に無料相談する

※2020年11月時点の最新相場

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス




-プリウス

Copyright© いわさ , 2020 All Rights Reserved.