車買取の基本&注意点

車の買い取りと下取りの違いは?お得なのはどっち?

2018年7月29日

愛車を売却しようという際よく耳にするのは、「買い取り」と「下取り」という言葉です。

2つの言葉の違いがよく分かっておらず、よりお得に車を売る方法はないかと悩む方も多いのではないでしょうか。

ここでは、車の買い取りと下取りの違い、車を売却する際に気をつけるべきポイントなどについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

車の買い取りと下取りの違いは?

車の買い取りと下取りは同じ「車を手放す行為」ではありますが、大きな違いがあります。

車を手放す際、「車を売るための店」と交渉するのが「車の買い取り」をする行為です。

反対に、「車を買うための店」と交渉するのが「車の下取り」をする行為なのです。

ここではまず、車の買い取りと下取りの違いや、それぞれのメリット・デメリットを確かめていきます。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

車の下取りとは?

車の下取りというのは、車を購入したいというお店(ディーラー)にそれまで使っていた車を引き取ってもらうことです。

新しく車を購入する代わりに、そのディーラーに車を売るわけですから、車を同時に入れ替えるとイメージすれば分かりやすいかもしれません。

車の売却で得た利益は、新しい車の購入資金に充当するので、お店側と現金でやり取りすることはありません。

下取りのメリット・デメリット

では、下取りに出した際に考えられるメリット・デメリットを見てみましょう。

下取りのメリット

下取りのメリットのひとつは、車の売買にかかわるお店が同じなので、車を入れ替える際に発生する手間が省けることにあります。

車を買うのも売るのも同じ店、対応するのも同じスタッフだと、交渉や書類の受け渡しなどが一本化されます。

新しく買う車に関して商談している合間に車の査定をしてもらえれば、買い替えをスムーズに終えられるため、時間のロスがありません。

また、新車の見積もりに査定額が記され、値引き額に上乗せされるので、書類を管理の上でもメリットが生じます。

新車の値引きが難しい場合でも、下取りした価格分を補填してくれる場合があるので、それもメリットのひとつと考えていいでしょう。

新しく車を購入するディーラーと長年の付き合いがある場合は、営業マンも「顧客の信頼を裏切りたくない」「今後も長期的にお付き合いしたい」と考えるため、中途半端な数字を出すこともないでしょう。

さらに、新しい車が納品されるまでは今まで使っていた車に乗ることができ、納品されてから引き取ってもらえるのもメリット。

複数の車を管理する必要もなく、一時的に車がないという状況に陥ることもありません。

下取りのデメリット

車を下取りしてもらう際のデメリットは、買い取りと比較すると、査定額が低くなりがちな点にあります。

たとえ人気車種であったり、人気の装備があったりしても、下取り価格が上乗せされることはないと考えられます。

また、買い取り店での査定額より下取り価格が低くても、お店側が買い取り価格に下取り価格を合わせてくれることはないでしょう。

さらに、下取り価格を出すことで新車の値引き額があいまいになり、最終的にはさほど得にならなかったというケースも考えられます。

また、下取り価格は自動的に、次に購入する車の支払いへと充てられます。

下取りに出すと自分の意志で使える現金にならないというのも、デメリットのひとつと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

車の買い取りとは?

車の買い取りというのは、買い取り専門店や販売店に自分の車を売却し、その売却益を現金で受け取ること。

つまり、新しい車の購入とは関係なく、直接車を売却してしまうことです。

この際の買い取り価格は、車の状態や年式・走行距離・メンテナンスの状況などをもとに、業者間で行われるオークションの相場に基づいて総合的に判断され、算出されます。

買い取りのメリット・デメリット

では、買い取りのメリット・デメリットを確認していきましょう。

買い取りのメリット

人気の装備などがある場合、買い取りであれば、価格が高値に跳ね上がることもあります。

さらに、いくつかの店を回れば、買い取り価格を比較検討することもでき、より満足できる価格を提示してくれたお店を選ぶこともできます。

お店の中には、特定のブランドを得意とするところもあり、それに合致すると通常より高く買い取ってもらえる可能性があります。

また、買い取り店で車を売却すれば、現金が入ります。車以外の用途にも当然使えます。

買い取りのデメリット

車市場の相場の値動きに敏感に反応するので、いつ売却するのかがはっきりしていない限り、低めに査定される可能性があります。

また、車を購入する店と車を売却する店が異なるため、手間暇が増えるというのも、車買い取りのデメリットのひとつ。

新たに車を買いたければ、自分で探し出し、交渉しなければならないのです。

なぜ買い取りが高く、下取りが安くなるのか?

上述した通り、車を売却する場合、買い取り価格は高く下取り価格は安いケースが多く見受けられます。

なぜこのような傾向があるのでしょうか。ここでは、買い取りの査定額のほうが高くなる理由について考えてみましょう。

買い取りの方が高くなる理由は?

全国的に事業を展開している買い取り店の場合、各地での相場や業者によるオークションの情報をリアルタイムで把握していることが多く、在庫の回転率が高くなります。

これも、買い取りの金額が高くなる理由です。

さらに、東南アジアやアフリカなどの新興国では日本車の需要が高く、買い取り額を引き上げる要因になっています。

日本ではさほど需要がないような多走行・低年式車でも、海外では需要があり、高値で買い取ってもらえるのです。つまり、「どんな車でも買い取りたい」というのが、車の買い取り店の本音なのです。

だからこそ、複数社の買い取り専門店を競合させれば、思いがけない高値で買い取ってもらえる可能性もあります。

また、中古車専門の買い取り店などでは、多少高値で仕入れた車でも、スピーディーに再販できるような仕組みが整っており、在庫を抱えるリスクがほとんどありません。

そのため、多少買取額が高くなっても構わないと考えているのです。

そもそも、新車販売がメインのディーラーは、中古車の販売ネットワークやノウハウがない分、価格では太刀打ちできないのが実際のところです。

ビジネスモデルが全く異なるのですから、下取りのほうが高い価格を提示してくる可能性はほぼないと言っていいでしょう。

車種や時期によって下取りの方が高くなることも?

ただし、車種や時期によっては、下取り価格のほうが上回ることがあります。

買い取り業者に車を売却する際は、相場の影響を受けやすいという特徴があり、それがメリットにもなればデメリットにもなります。

どこで車を売るのか、どのようなタイミングで売るのか、どのような車を売るのかによって、価格が大きく変動します。

そうした相場の影響を受けて、若干買い取り価格が下がることも当然ありえることです。

ここにディーラーの決算や下取り強化キャンペーンなどが重なって、その恩恵を受けることができれば、買い取りの価格より下取り価格のほうが上回る可能性が出てくるというわけです。

新車の販売施策なども頭に入れて、買い取りと下取りのどちらがお得かを見定めていきましょう。

まとめ

ここでは、車の売却を考える際の「買い取り」と「下取り」の違い、それぞれのメリット・デメリットなどをご説明しました。

一般的には、買い取りのほうが高い価格を提示されること、それにも理由があることを理解していただけたのではないでしょうか。

一般的には、下取りよりも買い取りのほうがお金の面では得をするでしょう。

この記事が、タイミングを見はからないながら、よりお得な方法を選択してもらうためのヒントになれば嬉しく思います。

ラインで完結!岩佐のオークション相場相談


岩佐昌則の名刺

滋賀県在住で「滋賀・奈良・三重」で出張の車買取を専門にしている岩佐です。
楽天カーオークション担当でもあるので、あなたのお車状態の写真(LINEで送ってください)から、最新の相場を無料で教えます。

オークション相場は「季節・月の前半や後半」でも変動がおきるんです。
直近のオークション相場+過去の相場観など経験を踏まえた上で事実のみお伝えし、ご相談にのります。
※相談してもオークションに出品するわけではありません。
売却方法はすべての選択肢を知った上で、ご自身で考えてください。

\ ラインで完結!簡単査定 /

今すぐLINEで岩佐に無料相談する

※2020年11月時点の最新相場

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス




-車買取の基本&注意点

Copyright© いわさ , 2020 All Rights Reserved.