プリウス

トヨタ「プリウス」と日産「リーフ」を比較 どっちが良い?

スポンサーリンク

トヨタ・プリウスの特徴

トヨタのプリウスの特徴は電気とガソリンを使用するハイブリッド車であるということです。

この車の存在が新しい時代の車の幕開けとなったというように考えても良いのかもしれません。

それだけに貴重な存在となっている事は間違いありません。

ガソリン車からの離脱を象徴することとなった車という事が言えるでしょうし、環境に対して優しい車というものの象徴にもなったという事も言えるはずです。

燃費性能が優れているということも当然として、静音性にも優れていて、車は騒音を出すものという従来の価値観を全く変えてしまう事になったのがこの車という事になるのかもしれない。

新時代の幕開けを告げた車という意味でも意義深いものがあると考えて良いのかもしれません。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

日産・リーフの特徴

日産のリーフの特徴は電気自動車であるという事です。

ガソリンを使用しない、完全な電気のみで走るという事ですから、これまでのガソリン車はハイブリッド車とは全く違う次元のものとなっていると考えていいでしょう。

それだけに注目されているくるまという事も言えるのかもしれません。

その為、性能の表記からこれまでの車とは違う表記になっていて、単純に性能比較をする事が出来ないことにもなりますが、航続距離が400kmにまでなっているので、これまでの電気自動車の課題とされていた、航続距離の問題はほぼ解決されているというように考えても良いのかもしれません。

更にはプロパイロットと呼ばれる、前の車に追随して走行するような機能が盛り込まれている事も特徴といって良いでしょう。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

燃費(電費)の比較

ハイブリッド車と電気自動車なので単純な比較をする事は出来ないです。

しかし、プリウスの航続距離はEVのモードで68km程度あり、これにガソリンを利用してね燃費が37㎞/Lぐらいの燃費性能となっていて、ガソリン車としても圧倒的な性能を有していると考えていいはず。

一方でリーフについては航続距離が400kmで電費40kWhとなっていますから、これについても問題ないレベルになったと考えていいでしょう。

単位が異なりますから単純比較をする事が出来ないのですが、それぞれに特徴があるので、甲乙はつけられないと考えていいはず。

使用する個人が何を重視するのかによって判断が分かれる事になりそうで、それぞれに長所があると考えていいでしょう。

外装デザインの比較

外装デザインについては、両方ともが似ているデザインが採用されています。

セダンといわれるところで同じような雰囲気を醸し出していると考えていいでしょう。

流線型のボディはどちらかというとスポーティーな感じをイメージさせるデザインともなっていますが、プリウスの方が大人しい印象を受けるという事が言えるのかもしれません。

リーフは前面のフロントの前面部分が大きなヘッドライトを採用していて、顔と言われる部分が印象的になっているという事があります。

インパクトのある顔を演出しているという事になるのがリーフで、大人らしい落ち着いた雰囲気を出しているのがプリウスという事になるのかもしれません。

これもどちらが良いというようなものでは無く、好みの問題という事が言えるのかもしれません。

内装デザインの比較

内装デザインは両車ともおちついた雰囲気の出していると考えて良いかもしれません。

実用性が考えられたデザインになっていて、運転席も助手席も広く快適性に富んだレイアウトになっています。

後部座席に違いがあるのが特徴的で、リーフの方がある程度の空間が確保されている設計になっています。

プリウスの最上級モデルであるPHVの使用では後部は二人の座席というように明確に仕切られていて、より個人のスペースを確保したデザインになっているというのが特徴的といって良いかもしれません。

こうしたところにも、ある程度のステータスを感じさせようとしているプリウスの意図があると考えても良いかもしれない。

これについてもどちらが良いというような事では無く、個人によって意見が分かれることになるでしょう。

スポンサーリンク

いわさ
車買取オークションのために、僕が滋賀・奈良・三重・岐阜・京都・福井で査定してきた実績はこちらの一覧をご覧ください

車買取のオークション相場をもっとみる

使い勝手の比較

使い勝手を両方の車で比較すると、まず甲乙つけがたく同じ具来のユーティリティという事が言えるのかもしれません。

快適性という事を考えても似たような所がありますが、若干プリウスの方が拘りがあるのが判断の分かれる所という事になるのかもしれません。

高級仕様のバージョンになるとプリウスは4人乗りという事で後部座席を区切るような事をしているので、これを快適な仕切りというように取るのか、使い勝手が悪くなるというように取るのかは個人の判断で分かれる事になると考えていいでしょう。

同じような外観で内装も似ているもの同士ですから、好みのレベルの違いという事になるのかもしれません。正し電気自動車とハイブリッド車の違いは考えておく必要があります。

安全装備の比較

安全装備については圧倒的にリーフが勝っているというように言って良いかもしれません。

これは後発なにので、最先端技術の安全装置を投入しやすいという事も言えるのかもしれない。歩行者検知式自動ブレーキが装備されていたり、前の車との車間を検知して走行するシステムや、誤発進防止のアシスト機能やサイド&カーテンエアバッグが標準装備されているなど、リーフの売りが安全装置にあるという事は言えるのかもしれません。

正し、プリウスでもオプションを追加していく事でかなりの装備を充実させていく事も出来ないわけでは在りませんが、割高になるという事は否めませんから、安全装置という事に関してはリーフの方が勝ると考えてもよさそうです。

走行性能の比較

走行性能はハイブリッド車と電気自動車の比較という事になるので、単純な比較という事にはなりませんが、リーフの航続距離は400㎞なのに対して、プリウスはEVでの航続距離は68km程度で後はガソリンエンジンの走行ということになり、この燃費は燃費は37.2㎞/Lとなっています。

単純な比較が出来ないので、個人の判断によって異なる事にはなりますが、概して甲乙はつけられないというように考える人が多いのかもしれません。

リーフの航続距離は既に電気自動車の欠点をカバーしたというように考えてもいいでしょうから、充電場所に困るという事もほとんどないと考えていいレベルになっていると考えていいでしょう。

長距離走行にも十分に耐えるものとなっています。

価格の比較

価格についてはプリウスのPHVという高給なランクとリーフGというものを比較するとPHVが約380万円でリーフGが399万円ということで、約20万円程度の差が出来ているいとうことになりますから、プリウスの方がお買い得感はあるという事がいえるのかもしれません。

値引額にしても大差は無いのですが、補助金がリーフGが40万円なのに対してPHVは20万円であったということがあります。

この制度は現状では平成30年1月末で終了する予定なので、それ以降にどのようになるのかという事は分からないという事で、この補助金次第という事が言えるのかもしれません。

単純な本体価格で言えばプリウスの方が魅力的に見える人が多いのかもしれない。

トータルで見た時の比較

最終的にトータルで判断すると、これは個人の判断にゆだねるしかないという他ありません。

プリウスとリーフではハイブリッド車と電気自動車という大きな違いがありますから、これが一つの判断材料となると考えても良いかもしれません。

電気自動車については充電施設の問題があるという事も考えておく必要があります。

自宅周辺で乗るという事に関してはもう問題ないレベルという事は言えるでしょうから、後は使い方で判断をするという事にもなるのかしれません。

プリウスにはブランド価値があるという事も事実で、この車を持つとこで満足感を得ることが出来るという魅力もあると考えてもいいでしょう。

どれにするのかは考え方次第という他ないのです。

ラインで完結!岩佐のオークション相場相談


岩佐昌則の名刺

滋賀県在住で「滋賀・奈良・三重」で出張の車買取を専門にしている岩佐です。
楽天カーオークション担当でもあるので、あなたのお車状態の写真(LINEで送ってください)から、最新の相場を無料で教えます。

オークション相場は「季節・月の前半や後半」でも変動がおきるんです。
直近のオークション相場+過去の相場観など経験を踏まえた上で事実のみお伝えし、ご相談にのります。
※相談してもオークションに出品するわけではありません。
売却方法はすべての選択肢を知った上で、ご自身で考えてください。

\ ラインで完結!簡単査定 /

今すぐLINEで岩佐に無料相談する

※2020年11月時点の最新相場

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス




-プリウス

Copyright© いわさ , 2020 All Rights Reserved.